腎臓病における食事療法のポイント

バナー

腎臓病における食事療法のポイント

腎臓は、体の毒素や老廃物の除去、水分調節といった、生命を維持して身体の環境を一定に保つ役割をもっています。
腎臓病は、腎臓の働きが悪くなる病気で、腎臓に問題が起きると身体中に様々な影響がでます。腎臓の機能が一度失われてしまうと、ほとんどの場合回復することはなく、慢性の腎不全となってしまいます。さらに腎不全が進行すると、老廃物がたまってしまい尿毒症の症状が出てきます。

この老廃物を取り除くには、透析療法や移植といった腎代替療法が必要になります。

慢性化してしまった腎臓病は、病気そのものを治すこと、完治することは難しくなります。


そのため、食事療法や薬物療法で病気の進行を抑え、症状を改善して、残された腎機能を長持ちさせることが、治療の基本的な考え方となります。

腎臓病の治療には、日々の生活のなかで腎臓に負担をかけないということがポイントです。

なかでも食事療法は、腎不全への進行を遅らせるために大変重要となります。

食事療法は、患者さんによって内容に違いがありますが、共通して注意したいポイントが3つあります。

まず、タンパク質を摂りすぎないという点です。


タンパク質を摂りすぎると老廃物が多くなり、腎臓への負担が大きくなってしまいます。

腎機能を保つためにも摂取量に注意が必要です。

次に、エネルギー量をしっかり確保するということです。エネルギーが不足してしまうと、身体のタンパク質が破壊され老廃物が増えてしまいます。
タンパク質を制限しても、これでは意味がありません。

最後に、塩分を控えるということが大切です。


腎機能が低下した状態では、塩分の排泄機能落ちています。

そのため塩分を摂りすぎると、血圧が高くなったり、身体がむくんだりと、腎臓に過剰な負担をかけてしまいます。

具体的な摂取量などについては、患者さんそれぞれの症状によって違いがありますので、主治医や管理栄養士の指導を受けて実行していくことが大切です。

http://www.dm-net.co.jp/kanagawa-dm/
http://www.jsco.or.jp/jpn/
https://www.facebook.com/KJKJP

オオサカ堂に関するマニアックな情報をお届けします。

神戸のインプラントが勢いに乗っています。

京都の顕微鏡治療の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

ニキビの大阪の新しい情報です。



Copyright (C) 2016 腎臓病における食事療法のポイント All Rights Reserved.